By | 2018年1月27日

デリケートなところも整形すればいいんです!

女性器のことで人に言えない悩みを抱えている人は、自分が想像している以上に多いものです。自分の体だけが異常なのではないか…と思い詰めてしまう人も大勢います。でも、顔のしわやたるみを治したり、豊胸をして自分のスタイルを理想的な形に作りかえるのと同じように、女性器の中で自分の気に入らないところを、今までとは全く違った形に美しく整形することも可能です。女性器の整形は、美容やアンチエイジング的な意味合いで行われる事も多く、患者さんの悩みや目的に合わせて多様化しています。その中でも小陰唇に関する手術の人気が高く、大きく広がってしまったヒダの切除を希望する人々が病院を訪れているんですよ。大陰唇からはみ出した部分を少しだけカットしてサイズを縮小させたり、いびつな形を整えていきます。料金は左右両方やるのと片方だけやる場合で差があるので、切除する範囲はよく考えた方がいいですね。ヒダの面積が小さくなれば、下着とこすれ合って物理的な刺激に晒される割合も減ります。黒ずみもこれ以上起こりにくくなるので、女性器の色素沈着をどうにかしたい人にもおすすめです。

副皮がある人はこちらもカットするべき?

副皮というヒダは女性器に存在していない人も多いのですが、人によっては複数の層になって形成されているケースや、左右のどちらかだけ肥大化した副皮が存在しているケースも見られます。気になる人は外見上や衛生面の問題からカットしてもらいましょう。下着の中が蒸れた時にかゆみを感じて辛い人は、副皮を取ってみるといいかもしれません。

自分の女性器の大きさや形に悩みがあってもなかなか相談できず、どうしていいかもわからないものです。性の悩みにもつながってしまうことが多いですが、女性器整形をすることでそんな悩みともおさらばできます。