By | 2018年1月27日

近年増えている墓じまいとは

人生の最後をよりよく生きるための準備である「終活」に関心が集まる近頃、「墓じまい」という言葉をよく耳にするようになったという人も多いのではないでしょうか。墓じまいとは、お墓を撤去して借りていた敷地を墓地や霊園の管理者に返すことです。少子・高齢化の現代では、お墓を継承する人がいない家も多く、遠方に住んでいてお墓参りがほとんどできないという人も少なくありません。そのような場合にお墓を片付けて遺骨を別の場所に移す方法がとられています。

遺骨をどこへ移動したらいいのか?

それまでお墓に安置されていた遺骨も、墓じまい後は別の場所に移さなくてはなりません。今後どのような形で供養するか考えてから手続きを始める必要があるでしょう。墓じまいをする人の多くに選ばれているのは、霊園やお寺の墓地に合祀される永代供養です。この場合、申し込み時に費用がかかりますが、ほとんどの場合その後全く出費がないため、供養する人がいない家でも安心です。永代供養墓や樹木葬などには墓標がありお参りもできるので、心の拠りどころを残しておくことができるというメリットもあります。また、細かいパウダー状にした遺骨を海にまく海洋散骨は、遺骨を自然に還すことができる供養方法として近年選ぶ人が増えています。専門業者に依頼し散骨してもらうこともできるので、海から離れた地域に住んでいる場合や遠出が難しい方でも利用しやすいのが特徴です。一方、遺骨を手放さず家で供養する人もいます。どの方法でも家族や親戚と話し合った上で自然な方法を選びたいものですね。

後継ぎがいない場合の墓管理は大変ですので、家族と話し合った上で将来的に墓じまいを視野に入れておく事も大切です。